• HOME
  • ザ・セラー六本木とは?
  • ワインの選び方
  • スタッフ紹介
  • ご利用ガイド
  • THE CELLAR NEWS
  • お問い合わせ
THE CELLAR NEWS
  • HOME >
  • THE CELLAR NEWS >
  • 2020年1月26日(日) 【銀座店】ブラインドテイスティングチャレンジ 第一回銀座戦

2020年1月26日(日) 【銀座店】ブラインドテイスティングチャレンジ 第一回銀座戦

1月26日(日)14:00より、銀座店にて「ブラインドテイスティングチャレンジ 第一回銀座戦」を開催いたします。

ブラインドテイスティング。
「ワインは眼で飲む派閥」の私が大変苦手とする一方で、ワイン愛好家界隈においては、年収、学歴と並び、その正答率が社会的ステータスとして機能し、血で血を洗う階級闘争のメインウェポンとして、圧倒的な存在感を放つ、例の遊戯です。

今回、銀座店では初めてブラインドテイスティングのイベントを開催するわけですが、コンテストのように、張り詰めた空気の中で、疑心暗鬼が高く渦巻く性質のイベントではございません。遊びです。エンターテインメントです。

それゆえ、本ブラインドテイスティングイベントは、一般的なそれとは形式が少々異なります。

【その1】葡萄品種によって形状の異なるリーデルヴェリタスシリーズの使用。
要するに、葡萄品種について選択肢がグッと狭まります。今回使用するのはカベルネ/メルロ グラスなので、もはやそれです。
そして、一般的に使用される小さなテイスティンググラスでは感じられないはずの差、つまりグラスによって引き出されたワイン潜在能力までも、強く感じていただけます。

【その2】問題ごとに条件を設定。
ただ闇雲に「このワインはなんでしょう?」と問うことはありません。問題毎に、試飲する複数のワインには共通項があります。それを明示した上での出題ですので、差異を生む要素に焦点が当てやすい、はずです。

【その3】以下に例題あり。
エンターテイメントとは申しましても、出題はシリアスでありたい。てなわけで、今回、受験戦争の屍たる私が、少々「試験風の」問題を作成いたしました。当日に「初めまして」では辛いので、形式的にほぼ同一たる例題を掲載しております。

【その3】試飲ワインの平均価格は約9,000円。
ブラインドテイスティングに用いられるワインの平均価格は3,000円前後とされていますが、今回の平均価格はその約3倍です。
銘柄も分からずに、10,000円近くするワインを飲むなんて勿体無い。」
いいえ、違います。生産地の特色、生産者のこだわり、そして何より品質をテイスティングの基準としたとき、高価格のワインを視覚情報なしで試飲する経験は、ワインの本質の理解へ、1歩大きく踏み出すことにつながります。受験者数万人を対象にしたクイズなら、品種個性がしっかり出始める3,000円が妥当でしょう。ですが、12名限定。小規模だからこそ可能なクオリティをお楽しみいただきます。

てなわけで、ブラインドテイスティング未経験の方も、苦手な方も、得意な方も、ガチ勢の方もも、皆様のご参加を、ブラインドテイスティングど素人たる山崎がお待ちしております。

概要

【日時】1月26日(土) 14:00 ~ 16:00 (14:10に回答を開始します。)
【募集人数】12名 (立席でのご案内です)
【参加費】5,000円(税込)
*参加費は現金のみで当日承ります。
【場所】THE CELLAR Ginza

お申し込みはコチラから

読んでおくといいかもしれない補足:「出題概要」

■試飲用グラスには、リーデル ヴェリタスシリーズ カベルネ/メルロ を使用する。
■出題ワインには、上記試飲用グラスに最適であると考えられる品種のみが採用される。
■問題は、3つの大問により構成される。
■3つの大問に対し、それぞれ3種類のワインが用意される。
■大問は、複数の小問により構成される。
■小問は、各試飲ワインの葡萄品種、ヴィンテージ、生産者、生産国、生産地域等を問うものである。
■全問題において、テイスティングコメントは一切要求されない。
■各大問の回答時間は15分とする。
■大問ごとに解答用紙を回収する。

読んでおくといいかもしれない補足:「例題」

「こんな感じの出題です。」というものを載せておきます。

【例題1】

試飲ワイン
■ドニ・モルテ ジュヴレ・シャンベルタン 2012
■カレラ マウントハーラン ジェンセン 2012
■ベルンハルト・フーバー ビーネンベルグ シュペートブルグンダー 2012

大問
試飲する3種は、ピノ・ノワール(シノニムを含む)を原料とする、同一ヴィンテージのワインであるが、それぞれ生産国が異なるものである。以下の問いに答えよ。

問1
3種に共通するヴィンテージを答えよ。(3点)
問2
3種それぞれについて、その生産国を答えよ。(各1点)
問3
3種それぞれについて、当店における現在の販売価格を答えよ。ただし、選択肢は重複して使用可能とする。(各1点)
A.10,000円未満     B.10,000~14,999円    C.15,000~19,999円    D.20,000円以上

【例題2】

試飲ワイン
■ニコライホーフ イムヴァインゲビルゲ グリューナーフェルトリーナー フェダーシュピール2015
■へーグル シューン グリューナー フェルトリーナー フェダーシュピール 2015
■クノール リード ロイベンベルグ リースリング フェーダーシュピール 2015

大問
試飲する3種は、全てオーストリアヴァッハウ渓谷にて生産された、共通のヴィンテージのワインであるが、3種のうち1種のみ、原料の葡萄品種が異なる。以下の問いに答えよ。

問1
3種に共通するヴィンテージを答えよ。(3点)
問2
3種それぞれについて、その原料となる葡萄品種を答えよ。ただし、3種の原料は全て単一品種とみなす。(各2点)
問3
3種それぞれについて、当店における現在の販売価格を答えよ。ただし、選択肢は重複して使用可能とする。(各1点)
A.10,000円未満     B.10,000~14,999円    C.15,000~19,999円    D.20,000円以上