• HOME
  • カーヴドリラックスとは?
  • スタッフ紹介
  • ワインの選び方
  • ご利用ガイド
  • NEWS
  • CSR
  • お問い合わせ
THE CELLAR NEWS
  • HOME >
  • THE CELLAR NEWS >
  • 11月28日(木) ヴィンテージゼクトを味わう【講師:ヘレンベルガーホーフ 宮本氏】

11月28日(木) ヴィンテージゼクトを味わう【講師:ヘレンベルガーホーフ 宮本氏】

スパークリングワインにおいては、
「飲み心地がよく」、「フレッシュ」で「爽快」なものが広く消費されているはずですし、それに関する一般的な理解についても、その領域を大きくは逸れないはずです。


確かにそういった、サクッと飲める泡も素晴らしいのですが、私はやはり「ワイン」として味わいたいと考えたりするのです。
むしろ、そうとしか考えられない。
「深み」が欲しい。包み隠さず申し上げるなら、「スッキリ爽やか」にはもう飽きた。

ということで、今回飲んでいくのが「ヴィンテージ ゼクト」。
スパークリングワインを全世界で最も多く消費する「バブリー」な国ドイツで生まれる、生産者のこだわりが詰まったワインです。
シャンパンのように、最先端の手練手管で作り上げられる彫像としての迫力には欠けますが、ゼクトにはゼクトの多層的な味わいを実現する要素があります。
それは、「最高品質の収穫」と、たっぷり費やされる「熟成期間」。
醸造技術で仕上げる味わいとは、質を異にした、「自然」と「時間」によって作り上げられる、「深み」が「ヴィンテージゼクト」の真骨頂です。

ヘレンベルガーホーフ社、自慢の生産者が手塩にかけて育てた「ゼクト」。
1万円を超える価格のものは1本もありませんが、熟成年数に関しては
2万円を超える「著名シャンパーニュメゾンのミレジメ」に匹敵するものばかりがそろっています。
ゼクトによって表現される「スパークリングワインの深み」をご一緒に体感できましたら幸いです。

当日は、それらゼクトに加えて、異次元の味わいを有する甘口ワインも2種類ご賞味いただきます。
特に、「ラッツェンベルガー バッハラッハー ヴォルフスヘーレ リースリング シュペートレーゼ 2003」は逃せません。やはり、甘口においても大事なのは「熟成」。そういったことを思い直させてくれる、黄金の雫となっております。

皆さまのお申し込みを心よりお待ち申し上げております↓↓↓

お申し込みはコチラ

概要

【日時】11月28日(木) 19:00スタート 20:30終了
【募集人数】10名
【参加費】4,000円
*参加費は現金のみで当日承ります。
【場所】 THE CELLAR Roppongi

試飲ワインリスト

※価格はすべて税別です。
※ワインリストは予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

■ ラッツェンベルガー バッハラッハー リースリング ゼクト ブリュット 2013 3,700円 → 3,380円
■ ベルンハルト・フーバー ゼクト ロゼ ブリュット ナトゥーア 2009 5,500円 → 4,980円
■ フリードリッヒ・ベッカー キュヴェ 「サロメ」 ゼクト ロゼ ブリュット 2010 7,200円 → 6,380円
■ ラウムラント ピノ プレステージ ブラン・ド・ノワール ゼクト ブリュット 2010 8,500円 → 7,580円
■ ベルンハルト・フーバー マルターディンガー ムスカテラー カビネット 2016 4,500円 → 3,980円
■ ラッツェンベルガー バッハラッハー ヴォルフスヘーレ リースリング シュペートレーゼ 2003 5,000円 → 4,480円

お申し込みはコチラから


-->